石川県で漁業をしませんか?

お問い合わせ リンク集 サイトマップ

石川県漁業協同組合 / 財団法人 石川県水産振興事業団(石川県漁業就業者確保育成センター)

トップ > 漁業について知る > イカ釣り漁業
 
 
 
漁業を体験する
 
 
漁師になる
 

漁師になりたい方へ
漁師を募集している方へ

漁業について知る

イカ釣り漁業

イカ釣り漁業は、石川県を代表する漁業です。獲れるのは主にスルメイカで、現在では自動イカ釣り機によって漁獲される場合がほとんどです。スルメイカの主な漁期は春から冬前までになっています。
他の漁法に比べると漁船の規模はさまざまで、沿岸漁場は30t以下の小型漁船が、日本海沖合では138t以下の中型漁船が主に操業します。

イカ釣り漁業
   1) 日没に出港します。
   2) 漁場でパラシュートアンカーと呼ばれる錨を海中に落とし、船体を固定します。
   3) 集魚灯を灯してイカを集めます。
   4) 擬餌針をイカのいる深さまで下ろし、機械で自動的に釣りあげます。
   5) 甲板に上がったイカを生(小型イカ釣船)または冷凍(中型イカ釣船)で箱詰めします。
   6) 小型イカ釣船は、夜が明ける頃に帰港、水揚げします。
   7) 中型イカ釣船は、1航海の出港から帰港まで、数週間〜1ヶ月程度かかり、
      その間沖合で繰り返し操業します。
 
出港時間 小型イカ釣:17時頃
休 漁 休市日の前日(概ね、日・祝日の前日と第2・4火曜日)
時化の日
中型イカ釣(30トン以上)は、1〜4月休漁
小型イカ釣(30トン未満)は、4月休漁
乗組員数


中型いか釣り漁船(小木)

小型いか釣り漁船の水揚げ


就業情報(石川県内の場合)
 
 
 小木地区(中型)
勤務時間
概ね5月〜12月、1航海数週間〜1ヶ月程度出漁
給 料
休 日
福利厚生
船員保険

 

 
 珠洲・能登地区
 (小型)
勤務時間
17時〜翌日8時頃
給 料
休 日
休市日の前日(概ね、日・祝日の前日と第2・4火曜日)
時化の日
福利厚生
船員保険